女性

全女性の大敵|ほうれい線を綺麗に取り除く方法

美容整形

さまざまな美容施術

美容整形は、今は切らない施術も数多く存在します。プチ整形など、小さな部分のコンプレックスを解消する施術も安価で行なえるようになりました。この機会に、コンプレックス解消を検討してみるのも良いでしょう。

笑顔の女性

医療機関で綺麗になる方法

化粧品では十分にその効果を発揮できないことが多いヒアルロン酸、医療機関で受けることができるヒアルロン酸注射であればその難点を克服することができます。こうした治療はすべての病院で出来るわけではなく、心斎橋でもその数が限られています。利用の際にはその点に注意して病院リサーチをしていくと良いでしょう。

ドクター

新しい美容の形

一般の皮膚科が、主に医療の観点から肌をケアしていくことに対して、美容皮膚科は、主に美容の観点から肌をケアしていくので、より美容に特化した皮膚科といえます。たとえばニキビの治療において美容皮膚科では、その根本治療に力を入れます。一般の皮膚科と併せて使い分けることで、より効果が期待できます。

たるんだ眼瞼挙筋の治療

鏡を見るウーマン

見た目と日常生活の問題

高齢化により、眼瞼下垂に悩む人は増えてきているため、名医による治療を希望する人もまた増加しています。名医なら眼瞼下垂の状態を、患者の負担の少ない方法で改善することができるからです。そもそも眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がり、その分目が細くなったり、見える範囲が狭くなったりする状態です。これは多くの場合、加齢による眼瞼挙筋のたるみが原因となっています。眼瞼下垂になると、若い頃には大きく開いていたという目でも、寝ぼけまなこのような状態になります。周辺の安全確認も難しくなるので、運転はもちろん家事などもスムーズにおこなうことが困難になります。見た目が悪くなる上に、日常生活に支障を来たすので、手軽に改善できる名医の治療には人気があるのです。

切開をせずに治療

具体的に名医がどのように眼瞼下垂を治療するのかというと、たるんだ眼瞼挙筋を折り曲げるように糸で結びます。すると眼瞼挙筋が折り曲げた分だけ短くなり、上まぶたが開きやすくなるのです。一般的には眼瞼下垂の治療では、眼瞼挙筋を短くする作業が、上まぶたをメスで切開した上でおこなわれます。しかし名医なら、メスを使わずに、針と糸だけでおこなうことができるのです。メスを使わないということは、出血や痛みが少なく、施術後の回復も早いということです。一般的な方法では、切開した部分が縫合されるので、その抜糸が終わるまでの1週間は、洗顔やメイクなどができません。しかし名医による治療なら、縫合がおこなわれないので抜糸の必要もなく、施術当日から洗顔できますし、翌日からはメイクもできるのです。

女の敵

歳月が経つ度に目立ってくるのがほうれい線で、悩んでいる方も多くいることでしょう。また、一度つくとなかなか改善することができないので厄介です。そして、何といっても、顔の印象を大きく変えてしまうほうれい線は美意識が高い女性の敵といっても過言ではありません。これを消す方法は幾つかありますが、手っ取り早い方法が美容外科でレーザー治療を受けることです。レーザー治療は体を傷つけることが無く、痛みもほとんと無いので安心して施術することができるでしょう。